お風呂リフォーム

お風呂リフォームの費用・相場

お風呂リフォーム

お風呂リフォームの費用の相場としては、大きく分けると50万円以下、51万円から100万円、101万円以上の三つに分かれます。もしも浴槽だけを交換するのであれば 50万円以下の価格帯でできることもあるでしょう。ユニットバスを交換する場合には100万円以下でできることが多く見られますが、もしもユニットバスを新設する場合には、部屋ごと工事をしなくてはならないので、100万円を大きく上回る場合も見られます。お風呂には大きく分けると在来工法とユニットバスの 2種類が存在しています。在来工法とはオーダーメイドでつくられるもの、ユニットバスは規格品を使った浴室のことを指します。リフォームを行うお風呂がどちらのタイプなのか、またリフォームをどちらのタイプで行うかによって、工事の内容が異なり、それに伴い費用も変わってくるでしょう。特に在来工法を選んだ場合には、注文が多ければ多いほど費用は上乗せされることになります。

 

3から20万円でできるお風呂リフォームとしては、既存のお風呂の機能を向上させるリフォームが多いでしょう。例えばシャワーヘッドやシャワー水栓の交換などがあげられます。シャワーヘッドを節水タイプのものに交換する場合には、シャワーヘッドに1から3万円、シャワー水栓も1から3万円程度で交換が可能でしょう。これらの場合、工事費用は1から2万円ほどとなっています。

 

浴室暖房乾燥機を新たに取り付けたい場合には、15万円ほどかかることになるでしょう。浴室暖房乾燥機は壁に埋め込むタイプと壁や天井に取り付けるタイプが存在します。商品の代金はおよそ5から10万円で、工事費用は3から5万円ほどかかるでしょう。さらにミストサウナ機能などが付いた商品を購入する場合には、10から15万円ほどにアップするでしょう。浴槽の交換と下地補修を行う場合の価格帯は30万円ほどです。これは在来工法のお風呂のうち、浴槽だけを交換する場合です。浴槽はベーシックなものを選べば16万円、工事は取り外しや取り付け、下地の補修を行って15万円ほどとなります。

リフォームの工事の流れ

お風呂リフォーム

リフォームといっても一軒家の外装や水廻り、和室を洋室に作り変える改装や増築などいろいろ考えられます。マンションのスケルトンリフォームを例に挙げて工事の流れを見ていくと、まずはじめにする作業は内装材をすべてはがして設備機器を撤去するスケルトン化をしていきます。スケルトンとは骨組みのことで、部分的なものではなく内装や設備を丸ごと替えるため、フルリフォームとも呼ばれています。マンションの場合は構造上の制約があるため配管などは位置変更が通常のリフォームではできませんが、スケルトンなら既存の間取りを気にする必要がありません。

 

スケルトン化のあとは墨出しといって設計図を確認しながら、床や壁に工事個所のしるしをつけていきます。プラン通りに納まるか検討しながら、レーザー機器で基準点を計測して慎重に行います。次は給水管や給湯管の施工をする配管工事で、新たに配管を埋設してより使いやすい水廻りに変えていきます。中古マンションの場合配線や配管が痛んでいることがよくありますが、新しくすることで安全性を高めることができ安心です。ユニットバスを所定の位置に取り付けて、間仕切りの壁や天井の下地となる軽量鉄骨の施工を行います。ここまで行うと中間検査をして、内装材を張って見えなくなる前に要所をチェックします。構造部分や下地に不備な点はないか厳しくチェックしていくのは、目視できる最後のチャンスだからです。現場監督や設計の担当者などと一緒に、時間をかけて丁寧に確認していく大切な作業です。

 

中間検査をパスすればシステムキッチンを所定の場所に取り付けたり、壁にクロスを張るなど仕上げ工事に入ります。以前とは違いまるで別人のように豊かな表情が生まれる瞬間で、理想の住まいが少しずつ完成していく工程です。最後はクリーニングを施して機器などの最終チェックを済ませ、引き渡しとなります。全体の流れを見ていきましたが業者によって独自の進め方があります。

リフォームよくあるトラブル

お風呂リフォーム

建物を長く使いたい時に行うリフォームは、便利ですけどトラブルも起きやすいです。よく起こりやすい問題としては依頼した工事と、実際に行われたものが違う事があります。リフォームでは複雑な工事を行うので、お互いが理解できていない事があります。その結果依頼したものと実際の工事が違っていて、話が違うという事になりやすいです。他の起こりやすい問題としては、工事を依頼したのにすぐに終わらない事ですリフォーム工事は最近人気が高いので、依頼をしても工事を始めてくれない事があります。建物のリフォーム工事は住んでいる家で、行うことが多いため工事をしてくれないと困ります。その結果工事業者とトラブルになって、色々な問題を起こす事も少なくないです。

 

 

リフォーム工事のトラブルで他に起こりやすいのは、追加料金を請求されることです。工事を行う時の費用は見積もりで分かりますが、工事が終わった後で追加料金を請求されることがあります。追加料金に関しては契約書に書かれていますけど、確認をしていないとトラブルになりやすいです。このような負担が発生することは案外あるので、追加料金についても聞いておくことは大事です。リフォーム工事で起こりやすい問題は最近は減ってきましたが、何らかの不具合の問題も存在します。この工事をして建物の状態を直してもらったのに、実際には良くなっていないことがあります。最近の業者は色々なチェックを受けているため、このような問題が起こることは減っています。しかしまったくないわけではないので、工事が正確に行われているかチェックすることは大事です。

 

リフォーム工事のトラブルでは工事の問題や、お金の問題が起こりやすい特徴があります。どちらも契約書をしっかり確認して、工事の結果をチェックすれば防ぐことはできます。リフォーム工事は建物によってやる作業が変わりやすいので、トラブルが発生しやすい特徴があります。しかし対応をすれば十分に問題を解決できますから、上手く工夫する事が大事です。

リフォーム業者の選び方

お風呂リフォーム

リフォーム業者の中には受注を専門にしている場合もあり、そうした場合は独自に工事を実行していかないので、下請けで請け負えそうな印象があるのなら二つ返事で可能だと言います。しかし、中にはまだ下請けが定まっていないのにも関わらずリフォームに関して具体的に話を詰めていき、後で別の業者に対しマージンを取りつつ流すこともあります。そのような業者もあることから、選び方で大切になるのは希望しているリフォームの内容が、かつて行われたという実績があることです。複数回経験している業者においては、ノウハウがあるので仮に下請けに依頼するといった方針になったとしても、腕が良い組織に依頼してくれます。経験があることにより依頼主に対する提案にも柔軟性が感じられるようになるので、少し珍しいリフォームの形態であっても難なく対応してもらえます。

 

こうした様子は建築業界が他業種に比べてとても細分化されている実情を考えると自然に行き着く道理であり、一見何でも引き受けてくれるように見受けられるリフォームの担当者も任せられる業者が居るからこそ成り立っています。また、希望するデザインで妥協したくないポイントをきっちり反映してもらえるかといった点も、選び方の基準になります。より良いのはデザインの説明がなされる時に平面的な図面で進行されていくのではなく、パースと呼ばれる立体的な完成予想図で示してくれる事です。

 

そういったデザイン性に優れている様子を重要視したいなら、設計事務所に在籍している建築士が頼りになります。もちろん、大手メーカーや規模が大きな工務店にも建築士が居るのですが、大きな業者だからこそしがらみがあり、自身の理想を押さえ込んでしまっているといった事は珍しくありません。そのため、しがらみが無い規模が小さな設計事務所に話を持ちかけてみてみると、少し難題に感じられるような事でもお洒落かつ快適に解決に導いてくれる可能性が高まります。

リフォームする際の補助金

お風呂リフォーム

リフォームする際の補助金は細かい条件が決められており、国、都道府県、市区町村によって異なっていますので、それぞれの地域によって条件も異なります。個別の補助金を計算するには、それぞれの具体的な事例が必要になりますが大まかな事で言えば、耐震や防災などに必要なリフォーム、省エネや環境対策などのためのリフォーム、バリアフリーなどの高齢者支援のためのリフォームに大きく分けられます。

 

このような大きく分けられたリフォームに対して補助金が出されるのですが、それぞれ補助率、補助対象、限度額が決められています。例えばバリアフリーの場合だと高齢者支援になりますので、手すりの設置、トイレの洋式化、移送設備の設置といった安全性を高めるものは補助対象にになり、それに対する個別の補助率、限度額が設定されています。しかし、家の古くなった箇所の改修、外壁の塗装などの快適に暮らせるために行なうものは補助対象外になります。

 

もちろん地域や自治体によって対象は異なりますので、ここでは良かったのに別の自治体では駄目だったという事もありますから、しっかりと確認しておく事が大事です。当然支給される額も自治体によって異なりまして、傾向としましては耐震対策を充実させている自治体が多くありますからリフォームを考えている際は必ず調べておいた方がお得です。補助金を受けるために申請を行ないますが注意しなければならない点がいくつかあります。自治体によっては後日連絡すれば良い地域もありますが、ほとんどの場合は先に申請をする必要がありまして、特に耐震工事をする時は耐震診断の申請や工事の申請といったような複数の届け出が必要になりますから、補助金を受けたい時は守らなければなりません。また工事を依頼する会社が必要書類を提出していなかったり、自治体の対象に入っていない会社だったりする可能性もありますから契約する時にしっかりと確認しておかないといけません。